モブ猫物語り

とある猫の物語り

「最後に人は何を思うのだろう」と考えたら見えてきたもの

 昔は自由気まままに後先考えずに生きてきたが、年齢を重ねるにつれて徐々に人生について向き合うことが多くなってきた

 

自分の今までの道のりを振り返り、これからの人生について考える時間も必要なのじゃ

と、じいさんみたいなことを考えているうちに、

最後の瞬間に自分は何を思うのだろうと疑問に思うようになった

 

 

最後に自分は何を思うんだろう

もちろんそんなこと実際になってみないと分からない

 

けど、できればこの世に未練は残したくないし、今までを振り返り後悔で終わりたくもない

 

私の場合は「もっとお金が欲しかった」とかは思わないと思う

お金はあの世に持っていけないから

 

持っていけるものは、今までの思い出なんじゃないかな

 

状況にもよるのだろうけど、理想をいうなら、たくさんの人と繋がってこれたことに感謝して最後を迎えたい

 

現時点で自分の最後に考えると、今の自分が本当に大切にしたい事が見えてきた気がする

 

これは人によって違うのは当たり前だ

私が出した答えは今はこれで正解

あなたが出した答えは今はそれが正解

 

自分らしくいきるってそういうことなんだと思う

 

生まれた人みな等しく死が待っている 普段当たり前に生きていては忘れてしまう生きる意味

 

たまにはこういうことを考えるのもいいもんだと思った