読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブ猫物語り

とある猫の物語り

【健康】10年間タバコを吸い続けた私がタバコを止めた理由と辛かったこと【禁煙】

どうもモブ猫です

 

いきなりですがみなさんはタバコを吸いますか?

私は10年以上ほぼ休みなく吸い続けていました

1日に一箱、飲み会などがあった時は2箱は吸ってましたね

 

禁煙は3度ほど挑戦しすべて失敗に終わっていましたが、今回禁煙して2年経ったのでブログに書いてみようと思います

目次

10年間タバコを吸い続けた私がタバコを止めた理由と辛かったこと

タバコを止めようと思ったきっかけ

私の場合、いろいろな理由が重なって止めようと思いました

① タバコの禁断症状で業務に支障が出始めた

 転職前は比較的自由にタバコを吸う時間があったので、気づきませんでしたが出社から昼休みまでタバコを吸えないことで、眠気、口渇、イライラ、不安や焦燥感が募り業務に手がつかず支障が出ていました

 

② うつ病になった

 喫煙者は非喫煙者に比べて3倍うつにかかるリスクが高いといわれています。喫煙者はニコチンを摂取しないと脳内のセロトニンと呼ばれる、気持ちが落ち込むのを和らげてくれるホルモンを出すことが困難になります。職場でタバコを吸えない事に加え、仕事のストレスが重なり発症してしまったんだと思います。

 

③ 時間が勿体ないと感じた

 タバコを吸うのに5分程度かかります。私の場合一日20本は吸っていたので100分、つまり1.5時間がタバコのために使ってました。そして、彼女や友人と旅行や食事に行ったときは、喫煙所を考え行動していたため外出を億劫に感じていました。

 

④ お金がかかる

 タバコ+コーヒー2本が毎日の日課だったので大体700円は確実に出費していました。一か月2万円払って不健康を買っていた計算になる

 

⑤ 抜け毛が気になりだした

⑥ 息切れしやくなった

⑤と⑥はタバコだけが原因ではないのでしょうが、私の中ではこれも止めようと思うきっかけの一つでした

 

禁煙して辛かったこと 

①  禁断症状

 これが一番きつかったですね。私の場合、眠気、口渇、イライラ、不安・焦燥感が強かったです。まず眠気は全身の力が抜け意識が飛ぶような感覚でした。口渇は口寂しさのような何か口に入れてないと口の中がムズムズするような感じ。これに加えてイライラと不安・焦燥感最悪のコンボです。これに耐えられず禁煙できない人も多いのではないでしょうか。

 

②  体重の増加

 ニコチンが食欲を抑えていたのが正常に戻ることに加え、禁煙することで味覚が正常化し食事量が増えてしますことで体重が10kg増えてしましました。

 

 ③ ときどき襲い掛かる吸いたい衝動

 これは今でも吸いたい衝動に襲われることがあります。もちろん吸いませんし、昔に比べ衝動に駆られる期間も長くなってきていますが、もしかしたらこれからもこの衝動とは戦っていかなければならないのかもしれません。

 

 以上、私がタバコを止めた理由と辛かったことでした。これだけ見ると禁煙する気はとてもじゃないけどでないですよね。けど、禁煙するとこれ以上にメリットがあるんですよ。次回は禁煙の方法やメリットについて書いていこうと思います。